Skip to Main Content

クノップ弁護士は、契約、知的財産および独占禁止法に関する問題も含め、商品の販売に際して生じる案件を主に取り扱っている。販売店契約、販売条件、機密保持契約およびライセンス契約を検討し、契約書の作成も行う。当事務所のクライアント企業のうち多数の日系企業を担当するクノップ弁護士は、堪能な日本語力を活かしクライアントと効果的にコミュニケーションを図ることができる。

続きを読む

当事務所に入所する前、クノップ弁護士は、自動車部品に関する独禁法違反を理由に提起されたクラスアクションで原告自動車ディーラーを代理する3人の主任弁護士の特別顧問を務めていた。本独禁法違反事件では、世界史上最大規模の刑事調査が行われた。2015年、クノップ弁護士はサマー・アソシエイトとして当事務所に勤務したことがある。

ロー・スクールに入学する前は、JETプログラム(Japan Exchange & Teaching Program)に参加し、北海道旭川市で国際交流員として勤務した経験がある。日本語検定1級および韓国語検定2級の認定を取得している。

取扱分野

学歴

  • ウィスコンシン大学ロー・スクール卒業, (2016年J.D.取得, 優秀賞)全米優等法学生会会員、ウィスコンシン・インターナショナル・ロー・ジャーナル編集長
  • ウィスコンシン大学卒業, (日本語専攻, 2007年B.A.取得)
  • 南山大学(名古屋市)に留学, (2006年9月~2007年5月)

弁護士資格

  • イリノイ州弁護士資格
  • ウィスコンシン州弁護士資格
  • 連邦地方裁判所ウィスコンシン州西部地区活動資格
  • 連邦地方裁判所ミシガン州東部地区活動資格

言語

  • 日本語
  • 韓国語
.
主な取扱案件
会員・役職

会員・役職

アメリカ法曹協会
イリノイ州弁護士会
ウィスコンシン州弁護士会
シカゴ弁護士会
執筆・講演等
著書・論文
Illinois Supreme Court Issues Ruling in Landmark Biometric Information Privacy Case
Executive Summary The Illinois Supreme Court's recent ruling that actual harm is not required to establish a cause of action for a…
ニュース
Masuda Funai Welcomes Three New Attorneys
Masuda, Funai, Eifert & Mitchell, Ltd. is pleased to announce the addition of Lisa Dreishmire and Kenton Knop as attorneys in the firm’s…
受賞歴