Skip to Main Content

業務分野

増田・舟井法律事務所は、国際企業が米国に進出し、事業を運営・拡大していく過程で直面する障害を取り除き、よりスムーズにビジネス活動を行えるように支援します。1世紀近くもの間、クロスボーダー案件を取り扱ってきた当事務所は、その経験と米国のビジネス・法律制度に関する知識を駆使しながら、国内外のクライアントが直面する課題に対する解決策をアドバイスし、ビジネスチャンスの探求をサポートします。米国に初めて進出する中小企業を代理する場合でも、またはすでに米国に施設を構えたグローバル企業を代理する場合でも、増田・舟井は、事業ビジネスサイクルの各ステージを熟知しています。一般的な案件から非常に複雑な取引や紛争まで、総合的なリーガル・サービスを提供します。

クライアント

増田・舟井のクライアントは、大部分が外資系企業です。当事務所が取り扱う業務分野は広範囲にわたり、自動車産業、先進製造業、輸送・物流業、専門サービス業、消費者製品製造業、食品業、食品加工業、不動産業、学術機関および金融機関など、さまざまな業界が含まれます。クライアントの事業が新規のものか、または既存のものかに関わらず、国内外の企業を代理します。米国で事業を行うクライアントにとってビジネス・プロセスの簡略化は非常に重要ですが、増田・舟井はそのようなクライアントのニーズにも適切に対応します。特に、当事務所では、ミッドマーケットの日系買収案件をどのライバル事務所よりも多く取り扱ってきました。さらに、米国で事業を行うヨーロッパ系および諸外国企業も代理しています。増田・舟井は、多種多様な業界でビジネスを行うクライアントにとって、何が最も重要であるかを常に認識しながらリーガル・サービスを提供しています。

増田・舟井のネットワーク

当事務所の弁護士とスタッフには、異文化体験を通じ、外国語を習得した者も少なくありません。そのような背景により、外国のクライアントとも円滑なコミュニケーションを図り、クライアントの懸念事項を的確に把握し、事業目的を達成できるように効果的な対策を講じることができます。当事務所は、Alliott Groupのメンバーです。ミッドマーケットを対象とした専門的サービスの提供業者から構成された国際ネットワークのAlliott Groupを通じて、国際ビジネスに従事するクライアントは、グローバルな解決策を求めることができます。Alliott Groupには、北アメリカおよびラテンアメリカ・ヨーロッパ・中東・アフリカ・アジア太平洋の諸国、全60カ国から160のメンバーが参加しています。このようなグローバル・ネットワークによって、増田・舟井のクライアントには大きな利点がもたらされています。

基本理念

増田・舟井は、クライアントの皆様にご満足いただけるサービスを常に追求しています。弁護士を選ぶのはクライアントです。クライアントのリーガル体験を最優先し、その文化的感性や相違を背景とした多様性を理解し、尊重します。クライアントが望むサービスと必要な情報をより効果的に提供するために、弁護士とクライアントの協力関係を重視をしています。増田・舟井は、時差をいとわず、クライアントのペースに合わせて業務を行います。クライアントのニーズを察知し、プロアクティブで密なコミュニケーションを目指します。クライアントごとにカスタマイズされた法的解決策を講じ、建設的かつ実践的アドバイスおよび卓越したサービスを提供できるように、常に尽力しています。