Skip to Main Content

笹本弁護士は、雇用法のあらゆる側面から経営陣にアドバイスをすると共に、複雑な商事訴訟および紛争解決においてクライアント企業を代理する。各組織の目標とリスク許容度を的確に把握した上で、クライアントの優先事項を理解するために献身的に支援することでクライアントの信頼を得ている。笹本弁護士は、紛争に絡む金額が何十万ドルから何百万ドルもの高額に及ぶような雇用法関連および商事訴訟案件についても助言してきた。

続きを読む

差別、報復、ハラスメント、不当解雇、賃金・労働時間に関する法律違反、競業禁止条項の履行などに関する雇用訴訟事件において、連邦・州裁判所および行政機関で雇用主を防御し代理する。また、経営幹部の雇用契約書・退職合意書・人事規則を作成し、従業員の休暇・休職、ハラスメント調査、および横領などの不正行為に関する法的措置においても長年の経歴を持つ。さらに、人員整理やリストラでも法的支援を提供する。笹本弁護士は、ハラスメント防止、法令遵守およびビジネス倫理に関する教育・指導に力を入れており、これらのトピックによるセミナーを頻繁に行なっている。

加えて、商事訴訟手続または独占禁止法、ライセンス供与および知的財産などに関する連邦政府機関での行政処理・手続においてもクライアント企業を代理する。代理店紛争、業者との契約解除、保証違反、商標の侵害および営業秘密の不正開示に関わる、大規模かつ複雑な訴訟案件を多数手がけ、クライアントにとって有利な結果を導いてきた。優れた文章力と磨き上げられたコミュニケーション・スキルを活かしながら、各クライアントに満足していただけるリーガル・サービスを提供している。

所内のダイバーシティ&インクルージョン委員会の主任を務めるほか、雇用法や商事訴訟に関わる問題について著作物を多数発行し、講演活動も積極的に行っている。当事務所に入所する前は、米国法務省独占禁止法部の第一審裁判所弁護士を務めていた。

取扱分野

学歴

  • ワシントン大学卒業, (1980年J.D.取得)
  • イリノイ大学卒業, (1977年B.S.取得)

弁護士資格

  • イリノイ州弁護士資格
  • 連邦地方裁判所イリノイ州北部地区活動資格
  • 連邦第5、7、10巡回区控訴裁判所活動資格
  • 米国最高裁判所活動資格
.
主な取扱案件

主な取扱案件

RICO法およびコモンローに基づく不正行為、ならびに契約違反を理由に訴えられたクライアントを代理し、仲裁手続により有利な結果に導いた。本事件の発端は、原告会社の倒産および精算であったが、原告は、クライアントに450百万ドルを超える損害賠償金を請求し、ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所で訴訟を提起した。最終的に、両当事者間の契約規定によりイリノイ州で仲裁手続が行われ、原告はクライアントに対する本請求を取り下げた。 (2018年9月)

外資系企業に解雇された従業員が、同企業(雇用主)は、その駐在員を優遇することで出身国による差別をしていたと主張して連邦裁判所で提訴した。企業を代理し、正式事実審理を経ることなく雇用主にとって有利な判決を獲得した。

米国企業改革法の内部告発者保護条項に基づき提起された訴訟事件で、10日間継続した正式事実審理(trial)において、主席弁護士として前任最高財務責任者(CFO)を代理した。

クライアント企業の社長に対して開始された重大なセクハラの申立を調査した。その結果、社長を解任することで、従業員および元社長からの損害賠償請求を回避することができた。

商標権侵害を理由に提訴された機器メーカーを防御し、同メーカーに対して予備的差止命令による救済を獲得しようとする原告の試みを退けた。本事件は第一審で棄却されたため、原告は連邦第7巡回区控訴裁判所に控訴したが、同裁判所はかかる棄却を支持した。

オハイオ州の関連会社と共に、テネシー州において、公正労働基準法(FLSA)に基づくコレクティブアクションで訴えられることが推定された製造業者を代理した。同関連会社に対する本事件を却下させると共に、本訴訟事件におけるクラス(集団)が認定される前に本コレクティブアクションでの和解を成立させた。

年齢差別を理由にニュージャージー州の日系企業が提訴された事件で、同社を代理した。日米友好通商航海条約に関する豊富な知識と経験を活かして争点を主張し、調停手続を通じてクライアントに有利な条件で調停合意を成立させた。

解雇した従業員から家族介護休暇法(Family and Medical Leave Act)に基づく妊婦差別と同法の違反があったとして訴えられた物流会社を代理し、雇用主に対する請求を訴因全項目について棄却させた。

外資系工作機械製造会社が、米国子会社の元社長に対して商標侵害に関する訴訟を提起した際に、暫定的差止命令を勝ち取った。

外資系自動車部品製造会社に解雇された従業員が、ミシガン州法に基づき障害者差別の請求をした訴訟事件において、陪審員による正式事実審理で同製造会社を防御し、勝訴に導いた。

外国政府を代理し、雇用機会均等委員会(EEOC)およびイリノイ州人権保護局(Illinois Department of Human Rights)に対し、全ての請求を却下させた。

会員・役職

会員・役職

アジア系アメリカ人法律家協会
アメリカ法曹協会
アメリカ訴訟弁護士団体
イリノイ州弁護士会
執筆・講演等
著書・論文
米国労働省、リモートワークの増加を受け実施方針を修正
Executive Summary In the waning days of the Trump administration, the Department of Labor (DOL) has been busy. Recognizing that the…
米国労働省、労働者を独立請負人または従業員のどちらに分類すべきかを判断するための経済的実態基準(Economic Realities Test)を発表
Executive Summary On September 22, 2020, the U.S. Department of Labor (“DOL”) published, for review and comment, a proposed rule that…
トランプ大統領発表の「アメリカ再開(Opening Up America Again)ガイドライン」の下での事業再開ガイドライン【Part 2】
概要 2020年4月16日(木)、トランプ大統領は、「アメリカを再開させるためのガイドライン(Guidelines for Opening Up America Again)」(「本ガイドライン」)を発表しました。…
トランプ大統領、新型コロナウイルス対策法案に署名
概要 ファミリーズ・ファースト・コロナウイルス対策法 (Families First Coronavirus Response Act (H.R. 6201))…
【新型コロナウイルス感染症(COVID-19)】雇用主における対応と従業員の権利に関するQ&A
As every company confronts the coronavirus, their owners, officers, and human resource professionals are confronting a new landscape…
【デジタルミレニアム著作権法】著作権者およびオンラインサービスプロバイダーの保護
The advent of the internet and advancement in digital technology has resulted in rampant copyright infringement of copyrighted works, such…
イリノイ州の雇用主が採用選考過程で求職者に対して給与歴を尋ねることは、2019年9月29日付で禁止に
これまで長年にわたり、雇用主は、就職志望者が記入する就職申込書を見て、その給与歴を知ることができ、面接の過程でも当然のように給与に関する質問をしてきた。雇用主が、人材の採用選考で、就職志望者の現在または過去の賃金・給与を考慮基準とすることを禁じる州が増えている。このたび、イリノイ…
Termination of "Startled" Employee After Supervisor Expressed Desire to Strangle Her Was Not Wrongful
Executive Summary Under the Americans With Disability Act (“ADA”), an employer can be liable for failure to accommodate a qualified…
Trimming the Employer's Arguments, the Seventh Circuit Upholds Claim of Male-on-Male Harassment under Title VII
Executive Summary While there have been cases where conduct was found to be “sexual horseplay” that could give rise to tort liability…
Terminated CEO's Complaints to the Board Not Protected "Whistleblowing" As No Requirement Under Federal Law to Report Every "Managerial Hiccup"
Executive Summary The Sarbanes-Oxley Act of 2002 forbids publically traded companies from retaliating against an employee for any…
Employment, Labor & Benefits Update - November 2017
Update on the Overtime Rule By Frank Del Barto On Monday, October 30, 2017, the U.S. Department of Labor ("DOL") announced plans "to…
Employment, Labor & Benefits Update - August 2017
SAVE THE DATE: September 28, 2017 - Annual Seminar On Thursday, September 28, 2017, the Employment, Labor and Benefits group will hold its…
Employment, Labor & Benefits Update - February 2017
Annual Seminar Reminder MFEM's Immigration Group will hold its 2017 Annual Immigration Law Update Seminar on Friday, February 24, 2017, at…
Employment, Labor & Benefits Update - August 2016
The Seventh Circuit Affirms: No Federal Protection from Sexual Orientation Discrimination Without Action by the U.S. Supreme Court or…
Employment, Labor & Benefits Update - May 2016
New Act, New Remedies: DTSA To Provide Additional Protection for Trade Secret Owners and Whistleblowers By Nancy Sasamoto With President…
Employment, Labor & Benefits Update - February 2016
Employment – New Guidance Makes Clear That DOL Will Look For, and Likely Find Joint Employment Under FLSA By Nancy Sasamoto Last July…
セミナー・講演
The Knowledge Group's webcast entitled "EEOC's Conciliation Efforts: Reviewability – Truth & Consequences for the Employer in 2015 and Beyond"
イベント
米国雇用法ウェビナー・シリーズ(1)<無料>2020年以降における雇用問題(使用言語:英語)
9.15.20
The COVID-19 pandemic and resulting economic complications have impacted employees and management in numerous ways. In response, the…
2017 Employment, Labor & Benefits Group Complimentary Seminar
9.28.17
EMPLOYMENT, LABOR & BENEFITS GROUP COMPLIMENTARY SEMINAR Continental breakfast will be provided. Topics: The Trump Administration's…
ニュース
増田・舟井の弁護士4名が、2021年度Super Lawyersに選ばれました。
Masuda Funai is proud to announce that three lawyers have been selected to the 2021 Illinois Super Lawyers list and one lawyer has been…
笹本・ナンシー弁護士が、NHRC Professional Development Eventで講師を務めます。
On January 9, 2020, Nancy Sasamoto, Principal in Masuda Funai’s Employment, Labor and Benefits Practice Group, will be speaking on the…
増田・舟井が、2019年度雇用・労働法セミナーを主催しました。
Masuda, Funai, Eifert & Mitchell, Ltd. hosted its annual Employment Seminar on Thursday, September 26, 2019. Approximately 110 executives…
増田・舟井が、仲裁に付された請求において棄却を獲得し、クライアント企業を完全防御しました。
Masuda Funai demonstrated its ability to resolve complex legal matters involving multiple practice areas and jurisdictions by obtaining the…
増田・舟井が、2018年雇用・労働法セミナーを主催しました。
Masuda, Funai, Eifert & Mitchell, Ltd. hosted its annual Employment Seminar on Thursday, September 27, 2018. Approximately 120 executives…
Litigation Snapshot 2017
Highlighting a Few of our Litigation Practice Group Successes Bankruptcy: Equipment Supplier’s Victory Against Bankrupt Debtor, December…
Masuda Funai Showcases Excellence in Litigation Wins March/April 2017
CHICAGO – Masuda Funai's litigators continued their string of recent victories with two wins in employment-related litigation over the last…
出版物
Chapter: "Practical and Legal Considerations Prior to Conducting the Audit" - Illinois Institute for Continuing Legal Education's (IICLE) award-winning handbook, Conducting the Employment Practices Audit
受賞歴

受賞歴

  • イリノイ州「Super Lawyers」 2005年度~2011年度、2020年度