Skip to Main Content

増田・舟井法律事務所にとって、クライアントに満足していただけるリーガル・サービスの提供は最優先事項です。当事務所は、クライアントの戦略的目標とグローバルな視点に基づいた実践的な解決策をアドバイスしています。長期的効果のある解決策を見い出すには、クライアントと緊密に協力し合い、クライアントとより良い関係性を築くことが不可欠だと確信しています。

当事務所は、リーガル・サービスを提供する初期段階から、クライアント独自の文化的背景を尊重しつつ、クライアントの目的と特有のニーズに合った解決策を講じています。クライアントの経営陣との連携を密にしながら、当事務所が長年かけて培ってきた米国ビジネス環境に関する知識をクライアントの事業目標に上手く融合させ、目標達成を全面的にサポートしています。当事務所では、このように卓越したサービスを提供し続けるために、多様な経歴とバックグラウンド、言語スキルおよび異文化体験を有する弁護士をリクルートし、採用する努力を惜しみません。まさに、これが増田・舟井法律事務所が他に類のない法律事務所である所以です。

当事務所のクライアント・サービス部門は、あらゆる文化的バックグラウンドのクライアントをサポートしています。当部門に所属するクライアント・サービス・レプレゼンタティブ(CSR)は、クライアントからのお問い合わせを受け付けて、その具体的なニーズに対応する適切な分野の弁護士からアドバイスが提供されるよう、所内での連携を図っています。また、クライアントと弁護士との円滑なコミュニケーションをサポートする、バイリンガルおよびバイカルチュラル・リエゾン(日米文化の繋ぎ役)としての役割も果たしており、クライアントが案件関連書類、通知、問合せおよび返答の内容を明確に理解することができるよう、クライアントの母国語への翻訳・通訳を手配するなど、各業務分野の弁護士とクライアントとの間のシームレスかつ簡潔明瞭なコミュニケーションを支援しています。

ご質問または更なる詳細情報については、お気軽に当部門のメンバーまでご連絡ください。

徳吉 史子
シニア・クライアント・サービス・レプレゼンタティブ
312.245.7439
ftokuyoshi@masudafunai.com

ローザ 里華
クライアント・サービス・レプレゼンタティブ
312.245.7482
rloza@masudafunai.com