Skip to Main Content

当事務所の客員外国弁護士である塚本弁護士は、日本の弁護士資格を有しており*、紀尾井坂テーミス総合法律事務所(東京)に所属している。主要取扱業務は、企業取引、商事訴訟および一般企業法務であり、国内外の取引に係る契約書の作成、クロスボーダー合併での支援、コーポレート・ガバナンスに関する戦略的ガイダンスの提供、複雑な法的紛争における代理における豊富な経験を活かしながら、企業に効果的なアドバイスを行う。

続きを読む

塚本弁護士は、バージニア大学ロースクールで法学修士過程を修了し(LL.M.取得)、その豊富な知識と経験を当事務所での業務に活かしている。日英両語の優れた語学力は、グローバルな視点に立ったリーガル・スキルとしても顕著に表れている。塚本弁護士は、当事務所の日系企業サービス・グループのメンバーとして、一般会社法問題、商事関連問題またはクロスボーダー取引に関してクライアントを支援するうえで、重要な役割を担っている。

取扱分野

学歴

  • バージニア大学ロースクール法学修士課程修了, (2023年、法学修士(LL.M.))
  • 大阪大学高等司法研究科修了, (2011年、法務博士(J.D.))
  • 大阪大学法学部卒業, (2009年、学士(法学))

弁護士資格

  • 第二東京弁護士会, *米国留学中のため、弁護士登録を一時抹消しております。

言語

  • 日本語