Skip to Main Content

増田・舟井法律事務所は、企業の合併、買収および売却案件において、米国内外の買主および売主を代理しています。米国企業、外資系ベンチャー企業、中規模企業および大規模な多国籍企業が「売主」となる際に代理する一方で、米国市場への投資または同市場での事業拡大を図るあらゆる規模の企業が「買主」となる際にもアシストを提供しています。企業の合併、買収および売却におけるあらゆる局面で、クライアントによる事業目標の達成を実現させるための戦略的なアドバイスを提供しています。

本分野における当事務所の実務経験は真に幅広く深いものであり、それには株式譲渡、資産譲渡、合併および資本再構築を通しての買収・売却も含まれます。また、業界内合併、規制緩和、および経済環境の発展の結果として生じる売却のほか、倒産手続中あるいは同手続終了後の企業の買収・売却も手掛けています。さらに、主要税制の検討、配当金の支払い、取締役の責任に関する問題等についての助言を含む、企業のスピンオフ(分割)においてもアドバイスを提供しています。

案件やその構成要素がいかに複雑であろうと、クライアントの具体的な目標を見失うことはありません。当事務所は、取引を成立させながら、クライアントの利益と資産を保護・保全することにおいて高い評価を得ています。当事務所の弁護士は、豊富な実務経験、多文化的視点、そしてビジネス・マインドを備えており、米国の法律や事業運営に関するアドバイスはもちろん、何億ドル規模の複雑な取引を構築・交渉し、それらを確実に成立させてきた実績を有しています。

また、知的財産・テクノロジー、雇用、ビジネス移民法、環境および不動産取引といったM&A特有の多種多様な問題の解決にも対応しています。さらに、特定のM&A案件に適用される独占禁止法についてもアドバイスしており、同法の下で求められる報告およびクリアランス手続に対応しながら、クライアントを巧みに成功へと導いています。

そのほか、クライアントが米国市場において検討する買収・売却案件の分析、法的デューデリジェンスの実施、および様々なリスクの評価といった作業も行っています。当事務所の目標は、入念な分析を通して慎重な判断を追及する一方で、クライアントが構造改革あるいは新しいビジネスモデルに上手く適応できるように手助けしながら、不確実性とリスクとの間にバランスを見い出すことにあります。そのために、案件を軌道に乗せるための解決策を提案しつつ、取引成就へと導いています。当事務所は、これまでの実務経験を通して、クライアントの最終的な目標を見据えて各取引の経済的効果を最大化することで、クライアントが直面する収益性におけるプレッシャーの大幅な軽減を実現しています。