Skip to Main Content

ライト弁護士は、複雑なM&A、ファイナンス・金融取引および日常的ビジネス業務から生じる会社法関連業務において、法人、投資家および起業家を代理している。最終的にビジネスが確立し、成長を遂げられるように、クライアントの戦略的目標を理解することを重視している。

続きを読む

ライト弁護士は、資産・株式の売買、子会社/事業部門の売却およびリストラクチャリングなどを含む複雑な事業取引に関して、調査・評価、形成、交渉およびクロージングまでの全段階で、クライアントにリーガル・アドバイスを提供している。金銭消費貸借契約および他の融資取引に関する交渉および文書作成では、借手または貸手のいずれの当事者も代理する。ビジネスや起業家が投資家による資金調達を必要とする際には、株式の第三者割当に関して助言し、必要な資料を揃え、書類手続きを行い、投資家とコミュニケーションを取り合い、連邦法・州法により義務づけられた手続きを行う。

加えて、ライト弁護士は、現在、全米移民司法センター(National Immigrant Justice Center)の下級幹部会の理事を務めており、Amandla Charter School教育委員会の委員を務めた経験もある。

取扱分野

学歴

  • ノートルダム大学ロー・スクール, (2005年J.D.取得, 優秀賞)
  • ノートルダム大学, (2002年B.A.取得, 優秀賞)

弁護士資格

  • イリノイ州弁護士資格
.
主な取扱案件

主な取扱案件

M&A
  • 民間の株式投資家が、中西部の金属加工会社の持分を買収し、経営投資家チームとの継続的関係を維持できるように支援した。その際、買収契約とクロージング文書について交渉し、同文書を作成し、デューデリジェンス(適正評価)プロセスを調整し、優先ローンのシニア・レンダー2者と劣後ローンのレンダーとの間のファイナンス関連文書に関する交渉管理も担当した。

  • 外食産業機器メーカーの所有者が、ストラテジック・バイヤーに自社の全持分を売却した際に助言した。契約当事者に代わり、基本合意、売買契約、クロージング文書および雇用契約について交渉し、売主が、対価として買主の持分を取得するに当たり、売主側のデューデリジェンス調整を行った。

  • 投資家グループが、米国南西地域のクラフト・ブルワリーの過半数持分を買収した際にアドバイスし、クロージング後の事業運営に関して売主との購入契約およびリミテッド・ライアビリティー契約について交渉し、同契約書を作成した。

  • 民間投資家が、デジタルおよび従来型印刷/マーケティング・サービスを提供するリミテッド・ライアビリティー・カンパニーの持分を買収した際に助言した。取引構造を計画し、購入契約について交渉し、同契約書およびクロージング文書を作成した。またデューデリジェンスおよびクロージングの処理および管理も行った。

  • 非公開商業航空会社の株主が、特定の第三者株主の持分を買い戻し、その後かかる株式を民間投資家に売却した際に代理した。株式売買契約の交渉に当たり、デューデリジェンスを完了させ、情報開示の時期に備え、クロージング文書を作成し、クロージングが成立するまでの過程を管理した。

一般会社法務およびSEC規則の遵守関連事項も含む債務・資本取引
  • 公共交通機関がその地域交通区で、会議公開法(Open Meetings Act)に従い、統治委員会月次会議の準備を行い、同委員会を開催した際に助言した。

  • 英国系オンライン小売業者が、米国で事業を行うためにリミテッド・ライアビリティー・カンパニーを新設した際に、その企業体の形成およびライセンス取得などに関してアドバイスした。

  • 全国に店舗を広げるバー/レストラン・チェーンが新店舗を開設する際の資金調達をアドバイスした。本チェーンの所有者は非公開会社であるため、新店舗の株式の第三者割当を行った際に、経営契約および目論見書(offering memorandum)を検討・修正した。さらに、かかる資金調達手段に関する連邦・州規則の遵守事項についても対処し、クライアントを支援した。

  • 非営利法人が、ライトレール(都市旅客軽鉄道)システムを建設・運営するために、全車両を購入した際に、購入契約について交渉し、同契約書を作成した。

  • 不動産デベロッパーを代理し、株式の第三者割当を行うことで効果的な増資が行えるように支援した。その際に、リミテッド・ライアビリティー・カンパニーを設立し、リミッテッド・ライアビリティー契約について交渉し、同契約書を作成した。また、投資家のための目論見書を作成し、連邦・州規則の遵守に要する文書を提出した。

ジョイント・ベンチャーおよびコマーシャル・ファイナンス
  • 不動産デベロッパーが、合弁会社を通じて複合住宅開発と建設を行った際に同合弁会社と交渉し、さらに同合弁会社が物件を購入した際にもアドバイスした。

  • 不動産開発に従事するクライアントが、小売店の買収と開発を行う目的で他企業体と合弁会社を設立した際に、リミテッド・ライアビリティー・カンパニー契約について交渉し、同契約書を作成した。

  • 複数の貸手による5300万ドルのリボルビング・ローンで、ローン関連書類に関する交渉に臨み、同書類の作成も行った。

会員・役職

会員・役職

Association for Corporate Growth: ACG Global
Notre Dame Club of Chicago
アメリカ法曹協会
エンジェル・インベスター・グループ(IRISHANGELS)
全米移民司法センター(National Immigrant Justice Center)の下級幹部会
執筆・講演等
著書・論文
FIRRMA成立とクロスボーダー投資にかかわるCFIUSの審査手続きにおける変更点
概要 2018年8月13日、トランプ大統領による署名を経て、外国投資リスク審査現代化法(Foreign Investment Risk Review Modernization Act of…
セミナー・講演
Co-Presenter at Business Law Forum "A Career in Business Law" held at Notre Dame Law School in Notre Dame, IN, February 21, 2019
2.21.19
Chaired a panel discussion at the Spring 2018 Chicago Middle Market M&A Conference entitled "Capital Considerations and the Outlook for Private Equity" - March 8, 2018
ニュース
グレゴリー・ライト弁護士が、「MUFG BizBuddy」に寄稿しました。
The article "FIRMMA and Changes to CFIUS Review of Cross-Border Investments" featured on BizBuddy’s website provides insights regarding the…
増田・舟井が、ゼンショーホールディングスへの全株式の譲渡(譲渡額:2.57億ドル)において、Advanced Fresh Concepts Corporationを代理しました。
Masuda Funai represented the shareholder of Advanced Fresh Concepts Corp. (“AFC”) in connection with the sale of AFC to Zensho Holdings for…
出版物
"FIRMMA and Changes to CFIUS Review of Cross-Border Investments" - BizBuddy, March 2019
受賞歴