知的財産テクノロジー

21世紀における事業の所有・運営には、人事、工場、資材の管理や保護はもちろんのこと、無形資産である知的財産の管理や保護が欠かせません。

増田・舟井法律事務所の知的財産テクノロジー部門は、米国内はもちろん、世界市場でビジネスに携わる企業を代理し、知的財産、発明・技術、専有情報および事業運営のノウハウの開発、保護、販売、譲渡および許諾権実施におけるリーガル・サービスを提供しています。

当部門は、米国内外にかかわらず、世界市場でビジネスに携わるクライアントに、知的財産、情報技術および電子取引に関する包括的なリーガル・サービスを提供しています。

増田・舟井法律事務所の知的財産テクノロジー部門についてご質問がある場合、または詳細情報をご希望の方は、当部門主席の小林城治弁護士( Tel: 312.245.7500 Email: gkobayashi@masudafunai.com ) までご連絡ください。

 

知的財産の管理

· 営業秘密、専有の工程や手続、特許、商標、著作権およびインターネット・ドメイン名の特定、保護、管理についてアドバイスする。

· 企業の無形資産の監査または棚卸を行う。

· 営業秘密・機密保持規則と手続を作成、開始、執行する。

· 幹部社員や従業員に対し、機密保持・不開示・職務著作・競業禁止契約の作成を含め、営業秘密保護規則の執行方法を訓練する。

· クライアントの研究開発への投資を保護するために、発明や改良について、特許調査を実施する。

· 商標、商号および登録の調査や手続を行う。

· 米国特許局における商標申請手続、第三者による申請に対する異議申立、商標審理上訴委員会の審理における代理を行う。

· 登録済み商標やサービス・マークの維持および更新を行う。

ライセンスおよびテクノロジーの譲渡

· 企業買収・合併、流通販売、テクノロジー取得などに伴う知的財産の譲渡や分配について、「デュー・ディリジェンス」 を実施する。

· 営業秘密、ノウハウ、商標、特許、ソフトウェアまたは他の無形資産の許諾権実施や譲渡について交渉を行う。

· 制限地域、独占権、料金・ロイヤルティー、技術援助、強化、侵害補償やエスクロー(第三者預託)についてアドバイスする。当部門の弁護士は、国境地帯で生じる独占権の問題についても熟知している。

インターネットおよび電子取引

· ユーザー・プライバシーの保護、「サイバースペース」販売における販売権の指定や課税リスク、および遠隔裁判地域での訴訟問題の回避など、新たに発生し始めた法律問題を発見し、解決する。

· ウェブサイトの利用規約、プライバシー・安全規則およびその他「クリックラップ」契約書を作成する。

· Eメールの使用、メタタグ、フレーミング、リンキング、サイバースクワッティング、ウェブサイト開発およびホスティング・サービスにおける契約、その他のインターネット問題についてアドバイスする。

情報テクノロジー・サービス

· ERP、CRM、データベース、ウエブサイト、その他の情報システム・プロジェクトの開発、統合、実施およびメンテナンス契約の交渉に当たる際、主要管理点、サービス内容、保証、作業生産物の所有権や変更管理などの主要条件についてアドバイスする。

テクノロジー・ベンチャーおよびアライアンス

· 重工業・製造分野における卓越した経験に基づき、戦略的合名会社および技術合弁事業の形成に際し、入念な計画、議論、書類作成の支援をする。

· テクノロジーの立ち上げ、合弁事業、共同研究や戦略的提携などにおいて、特に異なる国籍や文化を持つパートナーを相手にした投資の場合、あらゆる側面でクライアントに助言し、交渉に当たる。

· 大学や民間の研究財団に関わる許諾権実施の規則と手続ならびに所有権について、契約書を作成する。

訴訟

· クライアントが権利を行使し、他者からの請求を回避するために、侵害行為の中止を求めて通知する初期段階から、和解、仲裁あるいは訴訟による最終段階に至るまで、クライアントを代理する。

· 不正競争、特許・商標・トレード・ドレス侵害、不正目的使用、偽造、商標の希釈化、ドメイン名紛争、比較広告に関する請求や訴訟を取り扱う。

· クライアントの従業員が退職時に貴重な顧客データを外部に持ち出したり、または販売業者が無断でクライアントの商標を用いて製品を販売したりすることがないように、適切なアドバイスを提供する。


11727_ListImage.jpg
スティーブン キャッツ
Eメール:  skatz@masudafunai.com
電話:  312.245.7500

16346_ListImage.jpg
マイケル ゴーレンソン
Eメール:  mgolenson@masudafunai.com
電話:  312.245.7500

14863_ListImage.jpg
デイビッド スタイン
Eメール:  dstein@masudafunai.com
電話:  312.245.7500

11747_ListImage.jpg
ジョセフ パリシ
Eメール:  jparisi@masudafunai.com
電話:  847.734.8811

11752_ListImage.jpg

13760_ListImage.jpg
大山 もにか
Eメール:  moyama@masudafunai.com
電話:  312.245.7500

15526_ListImage.jpg
ジウォン リー
Eメール:  jyhee@masudafunai.com
電話:  312.245.7500

9245_ListImage.jpg
小林 城治
Eメール:  gkobayashi@masudafunai.com
電話:  312.245.7500

15903_ListImage.jpg
勝見 将也
Eメール:  mkatsumi@masudafunai.com
電話:  312.245.7500

11758_ListImage.jpg
ナンシー 笹本
Eメール:  nsasamoto@masudafunai.com
電話:  312.245.7500

  • 外国の貿易機関が貿易振興のためのウェブサイトを作成し実際に掲示する際に、相談に応じた。

  • 工業用設備を取り扱い、外国人従業員を雇う外資系会社に対して、軍事機密の入手における国防総省の契約規則の遵守についてアドバイスした。

  • ディストリビューション、使用権許諾、合併・買収プロジェクトなどを含むビジネス全般について、シリコンバレーのVoIP (Voice over Internet Protocol)ハードウェア会社にリーガル・サービスを提供した。

  • 大手半導体設備会社との合併に関する係属中の事件解消に際して、米国独占禁止法当局により義務づけられた手続処理も含め、世界規模のソフトウェアのライセンス取得およびディストリビューション計画における交渉を行った。

  • ファクトリー・オートメーション会社の上席経営陣を対象に、知的財産および機密情報の保護に関する研修を行った。会社のテクノロジーの所有権および使用に関する従業員規則を作成した。

  • 大手アジアのソフトウェア・ディストリビューターが、国際的に有名なインテリジェンス・ソフトウェア会社の主要販売地域での優先的かつ主要ディストリビューターに指定された際に、交渉に当たった。

  • 大手ICチップ組立業者がサンベルト地帯で新規事業を始めるに当たり、半球形半導体の特許取得、開発および市場販売のために投資したり、提携契約を結ぶための調査を行った際に交渉に当たった。

  • 製薬会社が、新たなたんぱく質薬品の開発において、Route128のバイオテクノロジー会社に投資し、同社から独占販売権を取得し、同社との提携契約について検討する際に代理した。

  • 印刷用化学薬品会社が、競争会社を特許侵害で提訴した際に代理した。

  • 独自にプラズマ熱分解廃棄物焼却技術を開発した会社の立ち上げに際して、特許保護、戦略的投資、技術の使用権許諾供与およびホスト医療施設での説明会などにおいて代理した。

  • 情報技術コンサルティング会社や人材斡旋会社を代理し、その顧客との専門的業務委託契約書や請負業者との業務提携契約書を作成した。

  • ファクトリー・オートメーションに携わる国際企業がドメイン名について提訴した際に、世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organization)面前で行われた仲裁手続で代理した。

  • オフィス用家具会社が、北米で人間工学デザインに基づく椅子の特許、ノウハウおよび商標使用に関するライセンスを認可する際に代理し、その交渉に当たった。

  • 著名な消費財会社が、北米で電動工具およびアウトドア設備会社に商標の独占的ライセンスを認可する際に、その交渉に当たった。同様に、その関連ウェブサイトとドメイン名の提携関係についても交渉に当たった。

  • 商業用および軍事用の二重用途である高性能機械工具を扱う工業用設備製造業者が、特定のアジア諸国で販売を行うために遵守すべき米国輸入管理規則についてアドバイスした。